土の魅力とは、身近にあって、そして、気がつかなくて、大事な物。この土を漆喰と混ぜ合わせることで、お互いの良い性質を発揮できる。土だけでは壁にするとぼろぼろとほどけてくる。漆喰を混ぜることで調和しながら硬化してくれる 。そのため土漆喰は丁度良い色々な顔になるため、表情も豊かになる建材です。また、地元の土で生活すると、人の何かを「ほっ」とさせる安心感を与え。とてもリラックスした状態に促してくれます。


マンション室内に土や漆喰が塗られることで、今までにないステキなマンションのになるでしょう。

壁にクロスを貼っているお客様、張替え時期がせまれば、土漆喰壁も、一度を考えてみませんか? 居間の一面だけでも施工は可能です。快適な住まいになるはずです。新築のマンションでも勿論施工できます。調湿の良い部屋で、自然の風合いを楽しみ、さらに時期が来れば、塗り重ねていくのいかがでしょう。産業廃棄物は少量しかでませんので、どうぞお考え下さい。


 戸建ての新築においても、土漆喰を使い何軒ものお客様に施工をさせて頂いております。

 柱は自然素材として風情を出します。その柱との土漆喰の相性はとても良く断熱性能がすぐれる組み合わせとなります。また、土漆喰は調湿性能が、木材の3倍もあります。

このように人に優しい建物になる事でしょう。

将来、土壁を壊す場合、産業廃棄物を出さないでよいため、土漆喰を壁だけでなく土間に使用してみるのもいかがでしょう。


お客様との話の中で、創作。
生まれた壁の名は、「地層壁」

物語は、左官職人達とお客様の出会いから。
両者の心を繋ぎ合わせ完成する頃には、「感動が増幅する壁」になるのでしょう。

これまで、様々なユニークな壁を提案してきました。いつも、それぞれの現場とお客様との調和により創り上げられてきました。

だから、原田左研のカタログから、塗壁を選んでいる訳ではないのです。その場で出来上がる。。。物語の始まりなのです


文化財保護
 知識を学んで知恵とし、経験を積んで伝統となる。伝統は師匠から代々と受け継がれ、伝統を進化してこそ、「本来の職人」となります。

その職人が少なくなりつつある昨今。

これからの文化財保護は「職人の繋がりを大切にしてこそ」と考えています。
その考えを、若いお弟子さん達には、生涯を掛けて伝えていきます。